So-net無料ブログ作成
検索選択

広島女児殺害 差し戻し控訴審始まる(産経新聞)

 広島市安芸区で平成17年、小学1年の木下あいりちゃん=当時(7)=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われたペルー人、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審の初公判が8日、広島高裁(竹田隆裁判長)で始まった。

 これまでの公判では、死刑を求める検察側に対し、弁護側は殺意やわいせつ目的を否認して殺人と強制わいせつ致死罪について無罪を主張しており、量刑判断が注目される。

 1審広島地裁は、検察側の死刑求刑に対し、被害者が1人であることなどを理由に無期懲役を選択。2審広島高裁は「1審の審理は不十分で違法」として地裁に審理を差し戻した。これに対し弁護側は上告。最高裁では1審の訴訟手続きの適法性が争われたが、昨年10月、1審を適法と判断。2審判決を破棄し、高裁に審理を差し戻していた。

 1審判決によると、ヤギ被告は17年11月、あいりちゃんにわいせつな行為をしたうえ、首を絞めて殺害。遺体を自宅近くの空き地に放置した。

スペースシャトル 打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)
<教科書検定>小3からメディア教育 入力方法など(毎日新聞)
斬新カラフル「コッポラ」 マフィアのイメージ一新(産経新聞)
<掘り出しニュース>「昭和ロマン博」、映画セットで再現 福島・南相馬(毎日新聞)
6大臣との面談実現せず「大変遺憾」―B型肝炎原告団(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。