So-net無料ブログ作成
検索選択

自民幹事長が福島氏の辞任を要求 「内閣の統一が取れていない」(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は25日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が県外、国外移設を唱えているについて「政府の方針に反対するなら内閣を辞職して行動するのがあるべき姿だ」と述べ、閣僚の辞任を促した。

 大島氏は、福島氏が25日に沖縄県を訪問することについても「鳩山由紀夫首相が止めなければならない。それができないこと自体、内閣の統一が取れていない(証拠だ)」と述べ、首相を批判した。

【関連記事】
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」
米国防総省も日米防衛相会談を発表 辺野古周辺移設を歓迎
米紙「オバマ政権の勝利」 首相の辺野古移設表明
福島氏への不信任案検討 自民・川崎氏
虐待が子供に与える「傷」とは?

小沢氏、再び不起訴 検審再議決、焦点に(産経新聞)
<平塚タクシー強殺>駅乗車の客が事件に関与疑い(毎日新聞)
<口蹄疫>「補償内容が不透明」地元自治体が難色(毎日新聞)
高速道の新割引 6月断念を表明 国交相(産経新聞)
2014年の普天間移設は困難 防衛相が指摘(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。