So-net無料ブログ作成

竹林の男性遺体、事件とみて捜査=死後2〜3年、40歳前後か−神奈川県警(時事通信)

 川崎市高津区千年の竹林で白骨化した男性の遺体が発見され、神奈川県警高津署は19日、死体遺棄事件とみて捜査を始めた。骨の一部に傷があることや、現場の状況などから同署は事件に巻き込まれた可能性が高いと判断したという。
 同署によると、男性は40歳前後とみられ、身長166〜175センチ、黒っぽいジャンパーとズボンを着用していた。司法解剖の結果、死後2〜3年が経過しているとみられるが、死因は不詳。 

【関連ニュース】
一部が殺害ほのめかす=一家3人遺体事件
従業員ら4人逮捕=一家3人不明、死体遺棄容疑
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場
男3人を傷害致死で再逮捕=工事現場遺体遺棄
殺人で同居女再逮捕=容疑否認、生活費トラブルか

日米、初の共同治験 医療機器承認遅れ解消狙う(産経新聞)
現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
討論 郵政改革案 岸博幸氏「民業圧迫は許されない」(産経新聞)
<谷垣総裁>自民再生の「産みの苦しみ」 離党者問題で(毎日新聞)
<あま市長選>旧甚目寺町長の村上氏が無投票で初当選 愛知(毎日新聞)

<小沢幹事長>党内結束を訴える(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は19日、縄文時代の大集落跡などで知られる青森市の三内丸山遺跡を視察した。小沢氏は視察後、記者団に対し「古い時代でも、こうしてお互いに協力し合って共同生活をして立派なレベルの集落、地域社会を形成していた」と語り「外の敵は怖くない。家の中でゴタゴタしてはいけない。結束さえすれば、必ず皆さんの理解と支持を得られる」と党内の結束を訴えた。

【関連ニュース】
小沢幹事長:両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく
小沢幹事長:衆院選マニフェスト見直さず
小沢幹事長:後援会が地元で18日、両親の「偲ぶ会」
米国:「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省

全額公費で集団接種 栃木・大田原 小6子宮頸がん予防(産経新聞)
村本さん死亡 東京・青山葬儀所で告別式 500人が別れ(毎日新聞)
GW連続休暇、平均5・4日…昨年より短め(読売新聞)
<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)
学生監禁致傷公判 元巡査 罪状認める 神戸地裁(産経新聞)

座席も青→緑色に JR西、福知山線脱線被害者へ配慮(産経新聞)

 JR西日本が今月下旬から、福知山線脱線事故と同じ型の車両と後継車両の座席の色を、事故当時の青色から緑色に変更することが13日、分かった。事故の負傷者から「青色を見ると事故を思いだしてしまう」との声を受けたための措置で、今後3年かけて、対象の全753両を整備する。

 JR西によると、座席を交換するのは、現在も福知山線を走行する207系と、後継の321系。心理的な影響に配慮し、車両の点検時期に合わせて、安らぎ感を与える緑色に変更することを決めた。

 JR西は事故後、被害者の声を受けて、207系の塗装を青と水色のラインからオレンジと紺に変更している。

【関連:JR福知山線事故】
起訴議決に涙 遺族「息子と一緒に確かめたかった」
追悼のろうそく1762本 JR脱線事故から5年
福知山線事故 当時の支社長ら「不起訴不当」の議決
運輸安全委員「脇甘かった」 JR福知山線事故の報告書漏洩問題
脱線「歴代経営者に責任」 JR西・山崎社長が明言

東京湾に接岸中の船から出火(産経新聞)
<川崎マンション火災>3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
日本人死刑執行、疑問・懸念で対中感情悪化も(読売新聞)
<参院選>三原じゅん子さん出馬に意欲…がん体験生かしたい(毎日新聞)

広島女児殺害 差し戻し控訴審始まる(産経新聞)

 広島市安芸区で平成17年、小学1年の木下あいりちゃん=当時(7)=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われたペルー人、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審の初公判が8日、広島高裁(竹田隆裁判長)で始まった。

 これまでの公判では、死刑を求める検察側に対し、弁護側は殺意やわいせつ目的を否認して殺人と強制わいせつ致死罪について無罪を主張しており、量刑判断が注目される。

 1審広島地裁は、検察側の死刑求刑に対し、被害者が1人であることなどを理由に無期懲役を選択。2審広島高裁は「1審の審理は不十分で違法」として地裁に審理を差し戻した。これに対し弁護側は上告。最高裁では1審の訴訟手続きの適法性が争われたが、昨年10月、1審を適法と判断。2審判決を破棄し、高裁に審理を差し戻していた。

 1審判決によると、ヤギ被告は17年11月、あいりちゃんにわいせつな行為をしたうえ、首を絞めて殺害。遺体を自宅近くの空き地に放置した。

スペースシャトル 打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)
<教科書検定>小3からメディア教育 入力方法など(毎日新聞)
斬新カラフル「コッポラ」 マフィアのイメージ一新(産経新聞)
<掘り出しニュース>「昭和ロマン博」、映画セットで再現 福島・南相馬(毎日新聞)
6大臣との面談実現せず「大変遺憾」―B型肝炎原告団(医療介護CBニュース)

「弘道会特別対策室」を設置=幹部摘発、資金源根絶狙う−愛知県警(時事通信)

 愛知県警は1日、指定暴力団山口組弘道会(名古屋市)に対する取り締まりを専門に行う「弘道会特別対策室」を捜査4課内に設置した。県警によると、暴力団の特定の2次団体を対象とした対策室は全国でも異例。
 警察庁の安藤隆春長官が昨年9月、山口組組長の出身母体である弘道会の重点取り締まりを指示したことを受けたもので、弘道会幹部の摘発や資金源の根絶を目指す。 

【関連ニュース】
北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か
稲川会代表代行者に清田理事長=官報に公示
放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定
道仁会側が住民らを提訴=本部使用禁止めぐり賠償請求
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定

預金保険料減額も一案=郵政「民業圧迫」批判で−原口総務相(時事通信)
高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
<鶴岡八幡宮>大銀杏に新芽…残った根の部分から(毎日新聞)
対北制裁、4月以降も継続=官房長官(時事通信)
谷垣氏、与謝野氏と会談へ 慰留は困難か(産経新聞)

<日本絵本賞>大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)

 第15回日本絵本賞(主催・全国学校図書館協議会、毎日新聞社、特別協賛・山田養蜂場、協賛・図書印刷、旭洋紙パルプ)の表彰式が25日、毎日新聞東京本社の毎日ホールで行われた。日本絵本賞大賞に選ばれた「カワセミ 青い鳥見つけた」(新日本出版社)の著者で動物写真家の嶋田忠さんをはじめ、日本絵本賞の「オオカミのおうさま」(偕成社)のきむらゆういちさん、「すやすやタヌキがねていたら」(文研出版)の内田麟太郎さん、渡辺有一さんらに表彰状が贈られた。

 嶋田さんは「鮮やかなカワセミの色をデジタル処理によって写真に再現できた。子どもほどホンモノが理解できるので、今後も過激に幼稚に、絵本を編み出していきたい」と語った。

【関連ニュース】
エンダン文庫:母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気
読書感想画中央コンクール:受賞者が活版印刷体験
日本絵本賞:大賞に「カワセミ:青い鳥見つけた」
特集:第21回読書感想画中央コンクール(その1) 感動シーン、思い重ね
本はともだち:第15回日本絵本賞 大賞「カワセミ 青い鳥見つけた」嶋田さんに聞く

携帯メール、ネットで一気にデマ拡大 竹下通りがパニック(産経新聞)
看護師離職率、わずかに低下=研修・支援体制がカギ−協会調査(時事通信)
民主党、午後の役員会、常任幹事会 小沢幹事長会見を夕方へ延期(産経新聞)
羽田新駅火災 照明器具がショートし出火か(毎日新聞)
生方副幹事長は続投=小沢氏、解任方針を撤回−民主(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。